ホーム > 受講生の声 > 田中伸彦 様
受講生の声

 
田中伸彦 様 神奈川県在住

株式会社 現代企画 代表取締役
介護教育事業・障がい者支援事業

「“自分が源”で取り組めば、ビジョンは必ず実現する」セミナーを受講したことで、そのことを実感しています。

GA1Stステージを受講したのは、「人生の方向性を明確にしたいなぁ」と考えていた時に友人からの勧めがあったのがきっかけでした。当時の私は、「起業したい」と思っていて、独立起業に関する本を読み漁ったり、いくつもの起業セミナーへ参加したりと「知識やスキルを身に付ければ、起業できるのでは」と漠然に考えていました。

衝撃的な3日間でした。人生を立ち止まって見たGA1Stステージ、自分との約束を守って来なかったこと、言ったことをあまり実行していなかったこと。事情・状況に左右され、人の顔色を見ながら行動してきたこと、「本当はどうしたいのか?」の問いに即答できなかったこと等々・・・。「このままでは起業なんて夢物語だ」と、自身の「生き方」「課題」に直面しました。ただ不思議な事に「見てこなかった生き方、見たくなかった課題」を直視すると、かすかにですが「未来のビジョン」が見えてきた感触がありました。
受講後、自分が「何になる?」から「自分を使って何をする?」に大きく変化していきました。「人の夢実現のサポートをする」事が、自分の役割なのでは?に気付き、「企業の夢、友人の夢、ボランティア活動で接する方の夢」等、まずは身近な方の夢実現へのサポートを行いました。

GA1Stステージで、かすかに見えていたビジョンへ向けて、一つ一つの事に取り組み、そして、自身を成長・拡張させていく中で、方向性が少しずつ明確になり、「介護・福祉関連事業」での起業を実現しました。

現在は「自分の可能性を“照らし”、関わる全ての人々の人生を明るく“照らす”」を理念にして、介護福祉の職業訓練校「てらすケアカレッジ大和・相模大野」と、障がい児童を対象とした児童デイサービスを運営しています。多い時は3校合計で日に70名を越える方たちの“夢実現”のサポートをさせていただいています。

GA1Stステージの時に直面した事、そしてその後のコースで自身の“生き方・課題”と向き合い“成長・拡張”してきた事が、描いたビジョン実現に繋がっていると実感しています。
「何になる」「何をする」もちろん大切です。その上で「それは何のためなのか?」「本当はどうしたいのか?」「何を創りたいのか?」など、自身を深く探求する事が、夢を実現する上でとても大切な事であると、ガイアファミリーの研修で学び、それを自身の体験として実感しています。

現在は毎日、障がい児童と接しています。制度上「障害」と言っていますが、人を感動させる素晴らしい絵を描く事ができたり、大人が舌を巻くほどの記憶力があったり、全員が何かしら「個性的な素晴らしい力」を持っていて、「障害児・障害者???」と思う事がたくさんあります。

描いたビジョンを実現する力も、課題を越える力も、誰しもが必ず持っていると思います。
今の可能性を発見し、将来の可能性を大きく拓く“ガイアファミリーの研修”ぜひ受講してみてください。
私も卒業生ボランティアとして、受講される方の“夢実現”を応援させていただきます。


前のページへ戻る



GA コース 1st ステージ

◆説明会スケジュール◆
 4月01日(水)19:00~
コロナ感染予防の為
   開催中止